先日のセッションの中で、その選手は「調整はバッチリだったけど、思い通りに身体が動かず、今日はダメな日だと思った」と話してくれました。

振り返ると、ダメな日だと思ったことで気持ちの入らない、投げやりなプレーになってしまったそうです。

 

しっかり調整したつもりでも、なぜか上手くいかず、結果に繋がらない時なんて多々あります。スポーツは相手がいるものですから、自分の調子だけでは結果は左右されませんよね。

 

やってみて思い通りの展開にならなかった時や思い通りに動けなかった時に、一旦最初に立てていた目標を捨てて、ワンランク下の目標に切り替えることが、気持ちを落とさないためには有効です。

あらかじめ、1番達成したい目標、これだけはやろうという目標、そしてこれだけは絶対にしないという目標と、3段階位持っていることで、思い通りにならなかった時に投げやりになることを防ぎ、今できるベストを尽くすことに繋がってきます。

現実ってシビアで、頑張れば結果が手に入るというものではありません。でも、頑張らなければ手に入らないのも確か。途中で投げやりになるということは、その試合だけでなく、その先に続く将来の可能性を捨てることにもなりかねませんよね。

 

どんな状況でもベストを尽くせるように、あらかじめ何段階かの目標を持っておくと、一試合通して、よりモチベーション高く臨むことができると思います。

 

お問い合わせはこちらまで

mail: ky202529nz@yahoo.co.jp

tel:090-8969-7985