昨日は、メンタルトレーナーとして関わらせていただいているバスケ部の、全国大会出場の壮行会にお招きいただきました。

立派な会場を借りて、選手のおじいちゃん程の年代のOBもたくさん集まった中に、スポットライトを浴びながら1人ずつ入場してくる選手たちを見て、とっても凛々しく見えなんだかジーンときました。

 

いつも感じるのは、そのチームは本当に結束力が強いということです。人数が多いにも関わらず、私が見る限りでは分裂することもなく、派閥争いのようなこともなく、一人一人がFOR THE TEAMの精神を持っていると感じるのです。

 

ベンチ入りすら程遠い選手も当然たくさんいるのですが、だから自分は価値がない、と思わないような組織作りがしっかりとされているのです。

例えば、試合に向けて全員が何らかの役割を担っていることもその1つ。

ビデオを撮る係、貴重品を管理する係、ボトルの準備をする係、アップする場所を確保する係、アイシングやテーピングの係などを数人ずつで担っているんです。役割としては小さなことですが、ここは絶対に自分が責任を果たすという気持ちで、当日に向けて準備をしています。

こうすることで、例えベンチにも入れなくても、全員がチームの中で自分の存在意義を感じることができますよね。全員が同じ方向を向くための大きな秘訣です。

image

 

私達って、自分のために頑張れる時もあれば、逆に自分のためには面倒だけど、人の為なら頑張れるという時もあると思うんです。

もしこういった役割がなかっなら…

レギュラーを目指しているけどベンチ入りにも程遠い選手は、

目標が遠すぎて届く気がしない、試合に出ている自分もイメージできない、そんな自分がチームに必要なのかわからない、別にいてもいなくても一緒…とモチベーション低下に繋がっていく選手もいたと思います。

ところが、役割があることで、自分の仕事が誰にどんな影響を与えることができるのかを自然にイメージできますよね。喜んでくれる人や助かる人の顔をイメージすることができるのです。そうすると、その人のためにがんばれるものです。

「誰のために、何のために」ということを全員が自然と意識できる組織作りが、結束力を強めているんだなとつくづく思います。

 

誰の力が欠けてもこの結果はなかったと思うし、全国大会で1つでも多く勝つには、どの役割も全て必要な役割なんですよね!

 

今からがまたチーム力の見せ所です!

わたしもできる限りのことをサポートさせていただきます!

 

お問い合わせはこちらまで

mail: ky202529nz@yahoo.co.jp

tel:090-8969-7985