今日は担当チームでの講義の後、練習見学。

講義の内容は、より良いパフォーマンスを引き出すために言葉を利用していこう、という内容です。

 

男子チームなので、よくある「ウェーイ」的な声はチラホラ聞こえていたのですがf^_^;

言葉が、イメージや感情を想起させること、また、イメージは身体に反応してを起こすことなどを伝えた上で、チーム内にどういった声があればより良いプレーに繋がるか、どんな声があれば気持が切り替えやすいかということを自分たちで決めていきました。

 

ただ惰性で声を出すのではなく、「勝つために声を出す」へと意識を変えること。また、声を出すことで勝ちが約束されるわけではないけど、勝つ可能性は5%でも10%でも、自分たちの手で広げていける。自分たちで勝つ空気を作ることを伝えた後練習へ。

image

おもしろいくらいに選手の出す声が変わっていました。

 

「ウェーイ」から「勝つための声」へ。

あとはしっかりと習慣に、そしていつしか伝統に…

 

お問い合わせはこちらまで

mail: ky202529nz@yahoo.co.jp

tel:090-8969-7985