ある担当チームの1人の選手が、対戦相手が発表されて「終わっとる」とつぶやきました。

すかさず「なんで?」と訊くと、今までの戦績を話し出しました。

理由は、今まで一度も勝てなかったことと、優勝候補の強いチームであることの2つだとのこと。

今までこうだったから、きっとこうなるだろうと、過去の戦績を見て未来を予想しているのです。

その選手が見ているのは過去と未来。でもそれって何か大事なところが抜けていませんか?

 

大事なのは「今」ですよね。

 

過去負けたとか、過去に相手が優勝したというのは、次の試合では関係のないこと。

その選手には「その日にどちらが強いかを決めに行くんだよね?」

と言いました。

image

試合はいつだって「今日どちらが強いか」を決めるものでしかないと思います。

もしかしたら、相手はその日風邪気味かもしれないし、油断しているかもしれない。でも当然そんなことは言い訳にならないので、過去にどんな戦績だって自分が勝つ可能性はゼロなんで日はないんですよね。

 

過去を見て未来を不安に思うのではなく、いつだって「今ここ」に全力を尽くすしかないんです。

スポーツだって仕事だって同じだと、自分の経験からも感じています。

 

お問い合わせはこちらまで

mail: ky202529nz@yahoo.co.jp

tel:090-8969-7985