運動不足解消のため、ちょこちょことジムに行っています。

大したことはしません、ウォーキングをしに行くくらいです。

「痩せてない」とかいうツッコミはとりあえず置いといて…

 

いつも1時間ほど、ランニングマシーンという強制力のあるアイテムに面倒見てもらいながら早歩きしてます。目の前のモニターに、歩いた距離や時間、消費カロリー等が表示され、自分の頑張りが目に見えるので、一見達成感を味わえそうなものなのですが、実はちょっと厄介なのが「残り時間」の表示です。

1回30分なのですが、キツくなってくるとどうしても残り時間ばかり気になるんですよね。

特に残り5分位になると、放っておけば1分間に3回ほど時間ばかり見てしまい「あー、まださっきから30秒も経ってない…」となります。

時間ばかり見てしまうのって、まさに私の「早く終わりたい」という心理の表れですよね。

 

試合でも仕事でも、終わりが見えてくると集中力は途切れがちです。学校の授業もそうじゃなかったですか?

私もウォーキングの残り時間が減るほど、時間ばかり気になってしまうと集中できなくなります。自分1人でやっているウォーキングだから、特に迷惑もかからないのですが、これが試合や仕事になると、結果に影響しかねませんね。

 

集中するためには、呼吸はとても重要です。まずはしっかりと吐ききってから吸う。自分の呼吸の音に意識を傾けて、身体の中からマイナスが出ていくイメージで息を吐き出します。

そして目線も、何か1つのものを見つめながら深呼吸していくことで、周りの音もちゃんと聞こえながら、少しずつ自分の世界に入っていけるんです。

image

ウォーキングの時、残り時間が少なくなってきて「早く終わりたい」と心が乱れ始めたら、必ずこうして集中し直しています。呼吸しての音や歩く音がリズミカルで心地よくなってきて、時間を忘れられますよ。

 

ただ「集中!」と言うだけで集中できるものでもありませんね。どうやったら集中するかを体感で覚えることが大事だと思います。

 

お問い合わせはこちらまで

mail: ky202529nz@yahoo.co.jp

tel:090-8969-7985