運動不足解消の為、夏から週に2回程ジムに通っています。

動かなくなってどれ位の期間が経っていたのでしょう。。。持久力、背筋力、ジャンプ力が学年でトップだったとは思えないほど老体になっていてビックリしましたが、ちょっとずつでもやれば変わるものですね。ウォーキングからランニングにレベルアップできました(笑)しかも、スピードも上がってきています。

 

10年、いや15年ほど前の体型に戻りたいという思いはありますが、そのためにはまず継続が条件。

そこで私の目標は、「週2のジム通いの継続」です。

いつまでに痩せなきゃ!という期限がある訳ではないので慌ててはいません。少しずつ変われたらと。

なので、いきなりハードにやるのではなく、楽しむことをモットーにやっています。

 

そして、この間まではウォーキングだけだったのですが、最近は腹筋やスクワットも始めています。

私の中で、これも無理をしないのが鉄則。

トレーナーの方に回数を指定されるのですが、無理と思えば遠慮なく無視して、「もう少しできないことはないかも」位にとどめています(いきなり50回とか言われますが、無理と思ったら30回でやめちゃいます)

 

継続したくても「こんなキツイのもう嫌だ」と思うと、次に来るのが嫌になりがち。辛いノルマを課せられている感覚では、継続しにくいものですよね。

 

次も楽しんで来れる位の方が続けられるのです。

その結果、ウォーキングからランニングにレベルアップしたように、できることが少しずつ増え、結果的に昔の体型に戻れていればオッケーだと思っています。

 

目標達成は辛く苦しいものじゃないといけないような概念がある人って多い気がします。

また、辛く苦しい思いをしないと達成できないということも錯覚だったりします。

もちろん、そうじゃないと達成できないようなシビアな世界もありますが、目標との付き合い方を工夫すれば、無駄に負担をかけずに近づくことだってできますよね。

 

0から10を目指すのではなく、0から1、1から2、2から3…こうやって進むことが継続のコツだと思っています。

実際そうやっていくことで、私も運動量が増えたり、負荷を増やすことができるようになってきました。

 

なので、少し余力を残して、次も行こうと思えるくらいに余力を残しながら続けていくのが、目標と仲良く付き合う方法の1つです。

image