サポートさせていただいているバレーボールチーム、試合が近づいています。

練習に伺い、改めてやる事の確認をおこないましたが、ちょっと心配な雰囲気…

練習に緊張感が感じられないのです。

img_9368

このまま試合に行くと、きっと緊張しすぎたり、雰囲気に飲まれかねないと思いました。

本来試合は特別な日であり、特別な場。
日常の練習とは空気が全然違います。

いつもと違う雰囲気の中では誰だって緊張するもの。
過度な緊張反応を起こすこともあるし、メンタル面で不安定になることもあります。

練習と試合のギャップを少しでも埋めるために、普段の練習からもっと緊張感を持って、試合を意識した雰囲気は必要です。

「練習は練習、試合は試合」ではなく、
「試合のための練習」をすることが大事。

練習と試合が全く別物になっていては、本番はいつも特別な日になってしまい、勝手に自分に大きなプレッシャーをかけて、力を出しにくい状態になってしまうんですよね。

残り短い期間ですが、試合会場にいるつもりで練習に臨もうと伝えると、選手の表情は一気に引き締まりました。

普段の練習が緊張感なくダラダラやっていると、本番での「いつも通り」がダラダラになるし、しっかり集中してやっていると、本番での「いつも通り」は、集中し、引き締まった状態でできる、ということです。