チームが1つの区切りを迎えた後、必ず大事にしたいことがあります。

それは、振り返りと目標設定。

 

今週も、前回振り返りを終えたサポートチームの目標設定を一緒に行いました。

 

今までの目標の設定の仕方では、実はチームがバラバラでした。

キャプテンが「次はこの大会で優勝しよう」と言って、他のメンバーはなんとなく「そうか」と同意するという設定の仕方です。

そして、半年も先の目標をぼんやり眺めながら日々練習しているのですが、そこに充実感や達成感が味わえず、そんなの無理じゃない?と思う選手もチラホラ。

こういったことはよくあるんですよね。

 

なので、半年先の目標はもちろんそのままゴールとして設定して、とりあえずそこに向かうステップをみんなで作ってみんなで登るために、ミーティングをお手伝いしました。

 

大事なポイントは、具体的であることと、達成可能であること。

このポイントを元に、まず最初のステップをどう設定するかを考えてもらうと、みんなが納得のいくステップが設定されました。

それだけでも「よし!」という気になるものです。

そして、あとはどうやってみんなで登るか、その方法も選手主体となって決めていきました。

 

あとはやってみるだけ。

不都合があればまた変えたらいいよと伝えると、表情もゆるみ、とりあえずやってみよう!という空気になりました。

 

具体的で達成可能なことを自分たちで決める。

つい頑張りたくなる法則だと思います。

img_9626

ステップが設定できたら、また目標に向かってリスタートです。