私が近づくと、堰を切ったように「もー、ほんと嫌だ。こんなに怒鳴られて文句言われてばっかりで、レギュラーにもなれんし、続ける意味なんてないからいつ辞めてもいいんです」と、あるチームのキャプテンに言われました。引退間近なのに。

 

確かにさっきもケチョンケチョンに言われてました。

 

でも、続ける意味がないって言うけど、なんで辞めてないの?と訊くと、キャプテンだからみんなをまとめなくちゃいけないし、今辞めたら迷惑がかかるから、とのこと。

 

私は、「それは立派な続ける意味になると思うけどどう?」と

訊くと、「まあ、確かに」と。

 

何かをやる意味って、始めからあるものではないと思うんです。

一生懸命続けていれば、ご褒美のように「やった意味」がついてくるわけではない。

【意味は自分で作るもの】だと思っています。

 

どんなに苦しい環境でも、

リーダーシップを学ぶため、ストレス耐性を上げるため、チームワークを学ぶため、みんなで伝統を作るため、目標を達成したという事実を作るため…など、なんだって意味は作れるはず。

 

意味がないと思ってしまえば、そこから学べるものはゼロにしかなりませんが、意味を作ればどれだけでも学べるものはありますよね。

 

「それだけ怒られて悔しい思いして、手ぶらで引退する?」と言うと、一瞬ムッとしたような表情から「それは嫌だ」と心の声が聞こえた気がしました。

「3年もがんばったんだから、持っていけるものは全部持っていったら? 何を持って行くかは自由。3年いた意味は誰もくれません。自分で作ってください」

と言うと、大きくうなずいてグッと顔を上げました。

 

環境から学ぶことは自由で無制限。

意味なんて「TAKE FREE」だと思います。

img_9639