サポートチームの3年生の最後の試合は全国大会。

結果は二回戦で負けてしまいましたが、全員が最後まで闘う気持ちを持ち続け、集中できていたとコーチもおっしゃっていました。

 

この試合で引退となる1人の3年生、去年初めて話した時から、葛藤をたくさん抱えている選手でした。

悔しい気持や、腹ただしい気持ちや、やるせない気持ち、空しい気持ちなど、ネガティブな思いを聴くことも何度もありました。

でも、もし少しでも出してもらえたら、こんなプレーをしたいという強い思いがあり、その短時間に自分の使命を果たすことに闘志を燃やす一面もありました。

 

そして最後の試合、短い時間でキッチリとチームに貢献し、存在感をしっかりと刻みました。

まさに自分が目指していたプレーを、大一番の舞台ですることができたと思います。

 

投げやりな気持ちになったこともあったけど、色んな思いを抱えながら最後までやりきった経験が、実は本当に価値のある素晴らしい経験だったということは、今後、何か辛いことがあった時、またふとした瞬間に少しずつ気づいていくものだと思います。

そして、その経験こそ、他の誰よりも自分のことを支えてくれるんじゃないでしょうか。

3年間やり通した自分が、生涯自分を支えてくれる大事なパートナー。

img_9653

何か困難に出会った時は、この時やりきった自分がきっと力を貸してくれるはずです。

 

スポーツなので、勝ち負けにこだわるのもある意味当然だと思います。

でも、それを超えた素晴らしい達成感を得られるように、これからもサポートしていきたいと思います。