チームの保護者の方向けに、講義のご依頼を頂くことが最近増えました。

 

私にも経験がありますが、応援しているとついヒートアップして、ひどい言葉を投げかけたり(本人は叱咤激励のつもりです)、家でも自分がピリピリして、口うるさく言ってしまったり、試合内容について批判したりしてしまいがちなんですよね。

 

もちろん、傷つけるつもりも落ち込ませるつもりもなく、良くなってほしいとの思いからなのですが…

 

なぜついつい言ってしまうのか?

どう声をかけたらより効果的なのか?

などを、先日もあるチームで伝えさせていただきました。

そして、今後の試合の時の応援の仕方をディスカッションし決定していくところまでお手伝いさせていただきました。

 

私も子どもの頃スポーツをやっていましたが、その頃から比べると、保護者の皆さんの熱意が違いますよね(部活の試合の応援に、親は誰も来てなかったなぁ…)

チームと保護者の距離が、明らかに近くなっていると感じます。

それが良いとか悪いとかではなく、だからこそ程良い距離感や、より良い関わり方のスキルが必要になってきたんだと思います。

時代が変わったから出てきたニーズなんでしょうね。

img_9655

選手、指導者、保護者が三位一体となることが、強いチームの条件かもしれません。

保護者も含めてのチームビルディング、お手伝いさせていただきます。