新年は、大好きな箱根駅伝に、高校サッカーと、テレビの前で手に汗握ったりしていました。

応援する対象がいるいないに関わらず、この日この一瞬の達成感を得るために、苦しい思いも悔しい思いも引き受けてきた選手たちを見ると、純粋に感動するし、心から応援してしまいます。

 

実は私たちには元々、何かを成し遂げたい、もっと成長したいという欲求が備わっています。

普段の生活での様々なストレスなどで、そんな欲求があることに気付かない人もいますが、身体に自然治癒力があるように、本来、より高みを目指したい欲求があると言われているんです。

 

スポーツの、たった0.1秒の速さや、たった1点、ほんの少しの強さを求めて、日々練習を積み重ね、夢を叶える瞬間を見ることで、私たちの中にある「より高みを目指す欲求」が刺激され、感動し、「私も頑張ろう!」とモチベーションが上がったりします。

 

観た後に、少しでも気持ちが上向きになったなら、きっと何かもっと頑張りたいことや達成したいことなど、なりたい姿があるはず。

漠然とでもいいので、自分が「どうだったら嬉しいかな?」と自問自答してみたらいかがでしょうか。

時折なりたい姿をイメージすることが、夢や目標を叶えようと前進している時の、ガソリン給油のような役割をしてくれると思いますよ。

img_9687