実はギックリ腰で昨日から寝込んでおります。

一昨日からすごい痛みを感じ、夕方には動くのもやっと…

 

昨日はとうとう動けなくなり、病院に行って只今安静中です。

img_9777

でも、昨日よりは少しずつ動けています。

 

起き上がるのにも何分もかかるので、トイレに行くのも重労働。何にもできず、パートナーのお世話になるばかりで、迷惑をかけているんだろうなと無力感を感じていました。

 

痛くて動けないって、じわじわとメンタル的にダメージを受けていきますね。

ちょっとそこの物を取れない、食べたいものを買いに行くことも作ることもできない、暗くなったから電気をつけたくてもなかなかつけられない、散歩に行きたがる愛犬もかまってやれない…

何一つ思い通りにならないように感じて、ほとほと疲れていました。

昨日病院につき、受付を済ませ、ソファに座るのに苦労している私を見て、近くにいた方が「つかまっていいよ」と腕を貸してくださいました。

ホッとしたのと感激したので、思わず涙が。

その時、メンタル的にも弱っていたんだということをとても感じましたね。

 

たった数日ですが、お世話になってばかりで、何の役にもたっていないと決めてしまい、つい自分で自分のことをお荷物として扱ってしまっていました。

でも、確かに動けないことはストレスフルではありますが、お荷物になるかならないかは自分次第。

こんな状態でも、周りの人の気持ちを少しでも明るくさせることはできるはず。

例えば、笑顔でいることや明るい話をすることは可能です。

夜中の2時過ぎに目が覚め、そんなことを思いながら、今自分にできる、よりベターなことは?と考えて、とりあえず明日は明るく過ごそう!と決めると、朝になるのが待ち遠しかったです。

 

これって、いつもサポートチームでよく伝えていること。特に、自分の存在価値を低くしてしまいがちな、ベンチ外のメンバーにはとても大事な考え方だと思っています。

 

自分の存在価値は自分で作る。

こんな時こそ、改めて心に刻みます。