今日は、サポートしている県内トップチームの練習へ。また今年一年のプランを立てたいとのことでお話をうかがいにいきました。

ここのチームは、他のチームよりもはるかに厳しい指導を受けていると感じます。

指導者が厳しいところはたくさんありますが、普通に行くと雰囲気に飲まれ固まってしまいそうなので、気合を入れて行く現場です。

小学校の時にミニバスをしていて、監督が怖すぎて練習に行く時にお腹が痛くなっていたのですが、その時の記憶が蘇ってくる、ピンピンに張り詰めた緊張感とそれを打ち破るかのような選手たちの声は独特です。

 

色んなチームに伺う中で、指導者が怖くて嫌で行きたくないとか辞めたいと聞くことがあります。

でも、今日行ったチームは、他よりも厳しい雰囲気でやっているのに、どのチームよりも気合が感じられ常に前を向いていられるのです。

そこには、こんなに厳しい練習をやり抜ける自分でありチームである、というプライドを感じます。

 

試合に勝てば自信はつきますが、それ以前に、これだけのことをやり抜いてきた自分であるいうことに、自信とプライドを持って戦うことの大切さを教えてくれるチームです。