自分の役割りを低く見ることが、チーム力の低下につながります。

訪れたサポートチームで、最近レギュラーから外れた選手の表情が明らかに暗く、思わず声をかけました。

「具合悪い?なんか顔色わるそうだけど」

「いや、具合は悪くないです」

「じゃあいいけど、いつもと違うように見えたから」

「帰りたいだけです」

ときました。
聞けば、やっぱりレギュラーから外れたことが面白くなくてどうしようもないんです。
試合に出られないなら練習に来る意味がない、全然面白くない、と愚痴が出てきます。

試合に出られない自分には、チームにとって価値がないと感じているようです。

そこで少し時間をとって2人で話をしました。

試合に出ること以外で、勝つために自分にできることは?

今まで、控え選手にしてもらって嬉しかったことや助かったことは?

などということを一緒に考えているうちに、目にうっすら涙が溢れているのが見えました。そして、

「試合に出してもらえている時は、自分がいかに活躍するかだけを考えていたけど、控え選手は人の為に頑張っていたんだなと思う」

とのこと。
すごく大事なことに気づいたなと思いました!
試合に出れる選手に価値があって、出れない選手に価値がないなんてことはない!

チームの1人1人に役割があり、その役割に優劣なんてないんです。出られなくても役割があるのだから、自分の役割を低く見ないこと。

自分は試合に出られないからと投げやりになり、みんなのために何の力も提供しなければ、チームはあっという間に崩れます。

建物の基礎がガタガタなのと同じですよね。

自分が今チームのためにできる事ってなんだろうということを考え、少しずつ答えが見え始めると、本人だいぶスッキリしたようです。
1人1人が、自分の役割を自覚し、役割にプライドを持ち、しっかりと遂行するという気持ちが持てるチームが強いチーム。

チームではNo. 1を目指すけれど、その為にはonly oneの力って大きいんです。

IMG_0736

 

◆研修をお考えの企業様へ◆

心理学や大脳生理学に基づいた
コミュニケーション・モチベーションアップ・チームビルディング・ストレスマネジメント
の研修をいたします。管理職・リーダー向け、一般社員向け、どちらでも対応いたします。
また、研修後のフォローアップや個別対応で、「やりっぱなしの研修」ではなく、課題解決までしっかりサポートいたします。

まずは「こんな研修できる?」というようなことなど、ホームページのお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

TEL:090-8969-7985

◆チーム力アップを目指すスポーツチーム様へ◆
心理学・大脳生理学に基づいた講義や、個人対応で、
チームワークの向上・実力発揮・緊張やプレッシャーに強くなる・ストレスマネジメント
など、目標達成へサポートいたします。

まずは「こんな状態だけど何とかなる?」ということなど、ホームページのお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

TEL:090-8969-7985
◆個人セッションをご希望の方◆
心理カウンセリング、アートセラピーなどで、メンタルの回復をサポートします。

まずはお気軽にお問い合わせください。最初のヒアリングは無料です。

TEL:090-8969-7985

【料金】1回 1時間8640円  延長30分3240円(税込)