チームワークがギクシャクしていると自覚している組織ほど、リーダーが話を聴く時間が少ないと感じます。

表面に表れてくる言動のみで、「あの人はこんな人」とその人の人格が決められてしまっているように思うんです。
というのも、研修や講義を行う前の、リーダーの方との打ち合わせの中で、よく「あの人はこんな人だから、研修しても反応ないかもしれません」などのネガティブな前情報をいただくことがよくあるのですが、

実際にその人とコミュニケーションをとり、話を聴くと、自分なりの考えがあったり、誤解だったりして、

「あー、ほんの少しコミュニケーションを取っていれば、こんな嫌な雰囲気にはならなかったのに!」
と、もったいなく感じることがあるんです。

先日、インターネットで見た記事で、ちょっと怖いと思うものがありました。

「子どもを預けて女友達とランチはNG?」

というタイトル。
子どもを預けて女友達とたまにランチに行くのを、義理の親に責められた、そんなに悪い?という内容でした。
インターネット上の文面だけだと、本当の背景は分かりづらいものです。

でも、それに対してたくさんのコメントがありましたが、ほとんどが「たまの息抜きの何が悪いのか」という意見です。

私もその意見には賛成なのです。
でも、あくまでインターネット上の情報のみで、本当の背景は分かりません。

もしかしたら、例えばですが、
女友達とランチに行くのはたまにかもしれないけど、家にいても携帯ゲームばかりしていて子供の面倒を見ないとか、ごはんは惣菜ばかりでほとんど作らないとか、家事をほとんど旦那さんに押しつけているとか…

ということがあって、義理の両親がいい顔をしないのかもしれない、ということも考えられるけど、それはやっぱり話を聴かなきゃ本当のところは分からないわけです。

IMG_1501
あんな事を言った、あんな事をした、という表面上だけで「だからあいつはダメなんだ」と決められてしまうことはとても多いです。

実際のところ、忙しいといちいち話を聴いていられないというのもあると思います。

ただ色んな組織、チームに関わらせていただいている中で、コミュニケーションを取る時間を重要視しているところの方が、チームワークが良いと感じるのは事実です。

しっかりと「聴く」ことで、お互いの理解が深まるだけでなく、信頼関係はグッと強くなりますよ。

「話を聴く」ということを、チーム強化の作戦として真剣に取り入れてみるのもいいと思います。

信頼関係をグンと強くする話の聴き方をお知りになりたい方は、いつでもご連絡ください。

 

◆研修をお考えの企業の皆様へ◆

心理学や大脳生理学に基づいた
コミュニケーション・モチベーションアップ・チームビルディング・ストレスマネジメント
の研修をいたします。管理職・リーダー向け、一般社員向け、どちらでも対応いたします。
また、研修後のフォローアップや個別対応で、「やりっぱなしの研修」ではなく、課題解決までしっかりサポートいたします。

まずは「こんな研修できる?」というようなことなど、ホームページのお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

TEL:090-8969-7985

◆チーム力アップを目指すスポーツチーム様へ◆
心理学・大脳生理学に基づいた講義や、個人対応で、
チームワークの向上・実力発揮・緊張やプレッシャーに強くなる・ストレスマネジメント
など、目標達成へサポートいたします。

まずは「こんな状態だけど何とかなる?」ということなど、ホームページのお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

TEL:090-8969-7985
◆個人セッションをご希望の方◆
心理カウンセリング、アートセラピーなどで、メンタルの回復をサポートします。

まずはお気軽にお問い合わせください。最初のヒアリングは無料です。

TEL:090-8969-7985

【料金】1回 1時間8640円  延長30分3240円(税込)