昨日は久しぶりにに、地元Jリーグのサッカーチームの試合観戦に行ってきました。

お天気も良く観戦日和。

対戦相手は、現在首位の手強い相手です。

先制するもののすぐに追いつかれ、後半には追加点を決められてビハインド。

周りには「あーあ…」とため息まじりの声が聞こえ、時間が経つにつれて諦めムードが漂ってきました。
残り時間も5分を切ったころ、隣にいた小さな女の子が
「もう負けるね」
と無邪気に言いました。

すると、一緒にいた若いお父さんが

「なんで?負けって決まってないじゃん。
◯◯ちゃん、シュートなんて一瞬で入るんだよ!だからまだまだチャンスあるん!
最後まで一生懸命応援しよう」

と言って、また手を叩きながら応援しだしました。
このやり取りを隣で聞いていて、

「お父さんすごーい!」

と、なんだか感動。
サッカーって、たった1点がなかなか入らないスポーツ。それだけに、1点追いつくのも、1点を守るのも、精神的には楽ではないと思います。

負けている時は観ている方だって「もうダメかも」なんて気持ちになったりもします。

 

そんな時、ありがちなのが

「ほら、ああいうところがダメなんだよ」

「やっぱりこのチームは◯◯が下手だから勝てないんだわ」

など、評論家のように話すことで、子どもにかっこいいところを見せようとしてしまうこと。

私も経験あります、知ったかぶり(笑)

この考え方が当たり前になると、上手くいかない時に、ダメなところ探しをして、諦めてしまう癖がついてしまう恐れがあります。

 

でも、このお父さんと女の子の会話に大事なことを思い出させてもらいました。

「最後までやり切ると決める」ことが、諦めない姿勢に繋がっていくもの。

状況が悪くなったから、自然に諦めモードになるというわけではありません。

諦めるかやり切るかは自分で決めること、つまり【自分の意思】なんですよね。
「今日は最後までやり切る!」

そう決断して、口にするだけで、気持ちは何度だって前を向けます。
「最後まで応援しよう」というお父さんの言葉に「そうだ!」と、私もスイッチを入れ直した瞬間でした。

スポーツは、やるだけではなく、観る側になっても諦めない気持ちを学ぶことができますね。

IMG_1872

 

◆研修をお考えの企業の皆様へ◆

心理学や大脳生理学に基づいた
コミュニケーション・モチベーションアップ・チームビルディング・ストレスマネジメント
の研修をいたします。管理職・リーダー向け、一般社員向け、どちらでも対応いたします。
また、研修後のフォローアップや個別対応で、「やりっぱなしの研修」ではなく、課題解決までしっかりサポートいたします。

まずは「こんな研修できる?」というようなことなど、ホームページのお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

TEL:090-8969-7985

◆チーム力アップを目指すスポーツチーム様へ◆
心理学・大脳生理学に基づいた講義や、個人対応で、
チームワークの向上・実力発揮・緊張やプレッシャーに強くなる・ストレスマネジメント
など、目標達成へサポートいたします。

まずは「こんな状態だけど何とかなる?」ということなど、ホームページのお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

TEL:090-8969-7985
◆個人セッションをご希望の方◆
心理カウンセリング、アートセラピーなどで、メンタルの回復をサポートします。

まずはお気軽にお問い合わせください。最初のヒアリングは無料です。

TEL:090-8969-7985

【料金】1回 1時間8640円  延長30分3240円(税込)