昨日は久々に、何も予定がない日曜日を過ごしました。
仕事上、日曜日が結構多忙なもので、のんびりと自然の中へ出かけて、心と身体をリセットしたおかげで、良いスタートを切れた月曜日です。
そんな今日は、個人セッションDAY。
あるセッションの中でも、気持ちのリセットがテーマの1つとして出てきました。

女性ばかりの職場。
ミーティングは行うけど、困ったことなどありませんかと訊いてもみんなノーコメント。
でも、ミーティングが終わると、あちこちで愚痴や不平不満を言い合っている。

という職場とのこと。

あー、「女性あるある」だな、なんて思いました。

困ったことあったら言っていいよと言われても、誰1人として言わないんだけど、不平不満を は確かに存在している。

じゃあなんで言わないのか?

と聞かれれば、改善されれば嬉しいけど、本気で解決するつもりがないから、と言えるかもしれません。

女性は「共感し合う生き物」とよく言われますね。

集まっては、大して生産性のない話ばかりしてたりするんです。

1D4B83E2-FDCF-4A93-A500-AD01FF58FB89

 

例えば毎日のように、同じような愚痴を言い合っているのに、不思議とその職場を辞めないのはなぜ?

と考えると、
問題自体は解決していないけど、共感し合うことで一定の満足感は得られている、と言えると思います。
つまり、問題解決をすることよりも、共感し合える仲間がいることが、仕事に来るモチベーションになってたりするんですよね。

思い返せば確かに私も、会社で働いていた時は完全にそうでした。
それが良いとか悪いは抜きにして、
見方を変えれば、そうやって自分の思いを話して共感し合える場を設ければ、完全に問題が解決できなくても、明日も辞めずに仕事に来られるわけです。

 

そう、気持ちがリセットされるのです。
原始時代、男性が狩りに出ている間、女性達は集まって住処を守り、協力しながら子どもを育てていたと言われています。

だから、コミュニティの中でうまくやっていくに、和を乱さない協調性や共感するコミュニケーション能力が発達したとか。

問題解決<共感し合う

ができていれば、なんとなく一定の満足感は得られてしまうのかもしれません。
問題の火種が特別炎上もしなければ、完全に消えることもない…
という、くすぶった状態で存在し続けるのが、なんとも女性ばかりの集まりっぽいなと、女性目線で感じました。
問題解決のための生産的な話はもちろん必要です。
でも、解決できない問題から生じるストレスを、明日も受け入れられるように、心をリセットすることが大切だといことが、今日の個人セッションでの1つの気づきになったようです。

そういう場をどうやって設けていくかが、次のステップですね。

 

◆研修をお考えの企業の皆様へ◆

心理学や大脳生理学に基づいた
メンタルヘルス・コミュニケーション・モチベーションアップ・チームビルディング・ストレスマネジメント
の研修をいたします。管理職・リーダー向け、一般社員向け、どちらでも対応いたします。
また、研修後のフォローアップや個別対応で、「やりっぱなしの研修」ではなく、課題解決までしっかりサポートいたします。

まずは「こんな研修できる?」というようなことなど、ホームページのお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

TEL:090-8969-7985

◆チーム力アップを目指すスポーツチーム様へ◆
心理学・大脳生理学に基づいた講義や、個人対応で、
チームワークの向上・実力発揮・緊張やプレッシャーに強くなる・ストレスマネジメント
など、目標達成へサポートいたします。

まずは「こんな状態だけど何とかなる?」ということなど、ホームページのお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

TEL:090-8969-7985
◆個人セッションをご希望の方◆
心理カウンセリング、アートセラピーなどで、メンタルの回復をサポートします。

まずはお気軽にお問い合わせください。最初のヒアリングは無料です。

TEL:090-8969-7985

【料金】1回 1時間8640円  延長30分3240円(税込)